羽二重餅9個袋入り

福井県銘菓!!

羽二重餅のいわれは、延喜5年、今からおよそ1200年程前、越前福井にて絹綿が織られ始め、三大藩主松平忠昌が北の庄紬と命名し愛用されたのが始まりで、その後品質の改良が幾度か行われ、奉書紬と名を変えて現在の羽二重織りの起原をなすものとなりました。

この真珠のような優雅な光沢、羽二重織の肌触りをそのままに餅に映したのが羽二重餅の誕生といわれております。その羽二重をお菓子にたくしたのが、昔も今もこれからも、全国のお客様に親しみ喜ばれ続ける福井名物羽二重餅でございます。

越前福井は絹織物の町として栄えてきました。その中でもとりわけ珍重された「羽二重」をイメージして作られたのが羽二重餅です。

内容量・・9個入り




販売価格 432円(税32円)


カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

店長 前波 明博

福井県名産特産品の“越前雲丹”“もみわかめ”の専門店の越前三国名産品処波屋です。 『越前蟹』『福井県名産品』『越前海産物』『福井県特産花らっきょう』『福井県の銘菓』『福井県の地酒』などの福井お土産を多数揃えています。